うれしいお知らせ♪

NHKのTVドキュメンタリー「君が僕の息子について教えてくれたこと」が今年度の文化庁芸術祭大賞に選ばれたそうです


おめでとうございます





世界中の知的ハンディを持つ方々とその家族らに光りを送っている東田直樹さんの歩みが多くの人々に届くきっかけになった同番組。


2014年末にうれしいお知らせとなりました(^_^)


大陸のモンゴルでは、自閉症協会の会長さん(まだ30代の若いお母さん)が自ら翻訳、印刷して家族に無料配布する動きになっているそうです。


まだ観ていない方はコチラ → 動画

at 11:11, くさのね, 日々のこと

comments(0), -, - -

君が僕の息子について教えてくれたこと

SNS、Twitter等で紹介させて頂いた先週末の東田直樹さんのNHK番組、大反響のようでよかったです!
ピアニストのウォンウィンツァンさんも涙が止まらなかった・・とSNS上でコメント、紹介されていらっしゃいました。








以下、東田直樹オフィシャルブログ 昨日17日投稿記事より引用。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

番組を見てくださってありがとうございました

皆様の感想を読ませていただきました。

僕は、本当に嬉しかったです。

心から感謝しています。

僕は、全ての自閉症者の代表ではありません。

自閉症者といっても、一人一人違います。

僕にとっていいことが、他の人にもいいことだとは限らないのです。

あなたの身近にいる自閉症者が、どんな人か、あなた自身の目と心で

確かめてください。

それが、僕の願いです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


自閉症者を含む重度の知的障がい者施設職員だったかみさんに以前尋ねたことがあります。

彼らに豊かな内面があるということは、専門に仕事で関わっている人々の間では
当たり前のことになってはいるの?」と。

彼女の答えが「No」だったことが今でも思い出されます。


詳細の個人差はもちろんあっても、とにもかくにも「彼らの内側に豊かな世界があること」
共有できる可能性を大きく拡げてくれた直樹さんの言の葉のチカラはとてもとても
大きなことだなぁと感じています。




残念ながら見逃してしまったという方に以下オフィスナオキさんの方より最新再放送の朗報。

9/13(土)15:05〜16:04
http://www.nhk.or.jp/school-blog/300/195393.html
https://twitter.com/nhk_n_sp

さらに最新追加再放送:
8/28(木)01:30〜 NHK総合(27日の深夜)

昨日ここでご紹介しました8/22のNHKワールドプレミアムは海外向け放送なので国内では
視聴できないそうです、ご注意ください。たいへん失礼しました。



ぜひぜひご覧頂けたら嬉しく思います。
以下、消されてしまうかもしれませんがIさんのご紹介で動画もありましたので、貼り付けておきますね。









 

at 13:13, くさのね, 日々のこと

comments(2), -, - -

彼の言葉で語る彼の世界。

相互リンクさせて頂いている君津市在住の知人、東田直樹さんの新刊がでたそうです。










ブログ投稿記事をベースに編集されたとか。
彼の等身大の言葉がストレートに伝わってきます。
ブログと違って本の活字としてじっくり読むのがまた味わい深くてよいですね。

2007年に出版された『自閉症の僕が跳びはねる理由』は、「The Reason I Jump:One boy's voice from the Silence of Autism」
として翻訳出版され英国でベストセラーにもなっているとか。
中国語、韓国語でもでているそうです。





彼の内側の声が海を越えて伝わっていくという奇跡を感じつつ、本当に嬉しく思います。
中には「本当に彼の言葉なの??」という方もいらっしゃるかと思います。
ぜひ講演会に足を運ばれて彼と彼のお母さんに会われて感じてみてください。






最近、素敵な公式ホームページも作られたようです。







彼の言葉で語る彼の等身大の世界を、ぜひ一度のぞかれてみてください(^_^)





 

at 19:19, くさのね, 草の根文庫

comments(2), -, - -

自閉症で良かったこと

リンクさせて頂いている好青年、東田直樹くんのブログにお邪魔したら、久しぶりにお会いしたいなと思いました。





引用開始

自閉症と僕を切り離して考えることは、できません。

なぜなら、僕が自閉症でなければ、きっと今の僕ではなくなるからです。

僕にとって、自閉症でない僕は、外見は同じでも、物の見方や考え方も違う

別の人間になってしまうということです。」

引用終了




東田直樹さんブログより → 自閉症で良かったこと 

彼はもう19歳になったそうです。





at 19:01, くさのね, あの人に会いたい

comments(4), -, - -

びっくりしたご縁

先日ご紹介した『続・自閉症の僕が跳びはねる理由』の著者・東田直樹さんの
サイト
がご縁でちょっとびっくりしたことがありました。






東田さんのブログのリンクがご縁で、なんと「子どもの発達支援を考えるSTの会」代表の
中川信子先生から、先日じきじきにメールを頂いてしまいました。


なんでも当方のブログから引用されたいとのこと→徒然のぶこん
それは敬愛するセラピスト:ハンター・ボーモント氏の言葉を紹介した部分でした。

中川先生は、昨年の東大鉄門記念講堂で行われた東田さんも出演された公開シンポジウム
「自閉症者の語る自閉症の世界」にも出演されていた方です。




それにしても・・・

直樹さんが、お母さんとの指談、筆談、文字タイピングなどの長年のご苦労と努力の末に
打てるようになったPC操作で始められたブログからのご縁で、ドイツのハンター氏の言葉が
ご縁ある人々に届けられるという事実。

ST(言語聴覚士)の立場からお子さんの発達支援の現場で長年活躍されているベテランの
先生が、私のようなもののブログの過去記事までご覧いただくというお仕事に対するスタンス。







とてもとてもびっくりで感動したご縁のつながりでした。

at 17:02, くさのね, 日々のこと

comments(2), -, - -

『続・自閉症の僕が跳びはねる理由』

知り合いの東田直樹さんが、ブログを始められました。


東田直樹オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは














彼の思いは、FC(ファシリテイティッドコミュニケーション)と言われる、筆談、文字盤ポインティング
などの技法を通して表現されます。

今彼は、ポメラやパソコンを使用できるまでになっています。
本人とご家族の努力ははかりしれません。




是非、彼のサイトを訪れてみてください(^^)









先月発売されたばかりの、『続・自閉症の僕が跳びはねる理由』 (株)エスコアール出版部



at 14:02, くさのね, 草の根文庫

comments(2), -, - -