11/3システミック(ファミリー)コンステレーションWSのお知らせ

システミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。



先月、9年ぶりにこのワークの創始者・90歳でなお現役で活躍されるバート・ヘリンガー氏が来日しました。
今回は参加しませんでしたが、数回来日されているワークショップで過去2度、氏の働きがけを直接受ける幸運に恵まれました。


Youtube バートのスペイン語圏WS動画より。


以来、なぜかこのワークに魅了されトレーニングにも参加。学びを継続して現在こうして
ワークショップを行う立場になっていることに、自分自身正直驚いています。

今年は、母親の見送り、80歳になる父親の近所への転居、そして自宅・職場の移転と・・
個人的にかなり大きな転機となっています。
外側の動きとしては激しいのですが、内側は穏やかで以前より軽やかにいられることがとても有り難いことです。

これも、家族はもちろん、ご縁あるみなさんの有形無形のサポートのおかげでありますが、
加えてこのワークを通して自分をみつめてこられたことによる部分は本当に大きいと実感しています。






「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」と感じている方々、
慌ただしく過ぎがちな日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2015年11月3日(火曜・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:16,200円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人形による個人セッションは随時受け付けております。 



 

at 01:01, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

火鍼(燔鍼・焼鍼)の1日勉強会迫ってきました。

十五夜、スーパームーンが過ぎ、日に日に秋の色合い濃く、朝夕もだいぶ気温が下がってきましたね。

さて明日から10月。
東京鍼灸勉強会さんが企画してくださった火鍼勉強会がいよいよ迫ってきました。



中国の鍼灸界で初の「非物質文化遺産針灸伝承人」(いわゆる人間国宝的なもの)に認定された老中医・賀普仁先生は、晩年かなりの疾患を火鍼で対応していたとも聞きます。

先日見つけた賀普仁先生の貴重なYoutube動画
(氏は数年前に他界されています→2015 8/22に逝去されたとのこと。ご指摘頂きましたK先生ありがとうございました)


*1:38 、9:10あたりで火鍼の刺鍼風景が観られます。


これからの冷えてくる季節、お灸などの温熱刺激がより効果を発揮してきますが、鍼灸の治療院でもまだまだ施術で使用されているところが少ない
「火鍼」をみっちり丸1日学べる貴重な機会です。
業界内でも「紹介」程度に目にされることはあるかと思いますが、身につけていくためのがっちり講習は九鍼研究会以外なかなかありません。


まだ席はあるようですので、ご関心のあられる方は以下東京鍼灸勉強会さんまで(^_^)
++++++++++++++++
10月12日(月・祝)
10時〜17時(途中休憩あり)
会費:鍼灸師8,000円 鍼灸学生6,000円
会場:正和堂スタヂオ(東急多摩川駅徒歩3〜4分)
++++++++++++++++












at 20:20, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

鍼灸祭2015

今年も新緑の季節恒例 鍼灸祭(第35回)の時期となりました。



日時:2015 年5月17 日(日曜日) 13:00 〜
場所:湯島聖堂講堂(祭礼・特別講演会)
主催:湯島聖堂斯文会


演題1「鍼灸序説ー私の天地人」小曽戸洋先生(北里大学東洋医学総合研究所 医史学研究部部長)
演題2(実技供覧)「火鍼の解説と実際」 間純一郎(東京九鍼研究会講師)

参加費用:500 円
(祭礼講演会とも講堂にて執り行います)
懇親会場:湯島聖堂講堂(懇親会費:3500 円)

●祭礼前の12時〜13時、通常みることのできない裏手の神農廟がおそらく今年も公開されるかと思います。


鍼灸祭の様子は拙ブログ過去記事をご覧ください 
→ 
 




演題一つ目は、復活第1回でもお話し頂きました小曽戸洋先生。
『針灸の歴史ー悠久の東洋医術』(天野陽介先生と共著)を今年1月に出版されたばかりの小曽戸先生、
医学史研究をライフワークにされる第一人者のご講演を間近に聴ける貴重な機会です!




演題二つ目は、僭越ながらなんと不肖私がやらせて頂くことに。
一般の鍼灸治療院ではあまり使用されない火鍼という特殊な鍼具の解説と実技をさせて頂きます。
日本の鍼灸界で流派を超えた交流の場として由緒ある鍼灸祭。
そんな場で講演させて頂くことは、正直過分で緊張いたしますが、せっかくのご縁ですので精一杯やらせて頂こうと思っております。


at 20:20, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

4/29システミック(ファミリー)コンステレーションWSのお知らせ

システミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。



私事ですが、今月母親が旅立ちました。

両親離婚後30年間離れて暮らし、ひょんなことから9年間一緒に五井で過ごすことができました。
感謝とともに穏やかな気持ちで母を見送ることができたことは、家族やたくさんの方々の支えはもちろんのこと、
振り返ってこのワークによる部分はとても大きかったと感じております。 






「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」
と感じている方々、
慌ただしく過ぎがちな日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2015年4月29日(水・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:16,200円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人形による個人セッションは随時受け付けております。 








at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

言葉はうそをつく。呼吸はうそをつかない。

「言葉はうそをつく。呼吸はうそをつかない」






先日 とある方が、鼻でふく笛を演奏、紹介されていた時の言葉が印象に残っています。

詳しい内容は忘れてしまいましたが、なんでも鼻笛をふくシャーマンの言葉だそうで、口からでる言葉はいくらでもごまかせるが、
呼吸はごまかせないので、自分自身が今どういう状態にあるか認識していないと・・・つまり「自分とつながっていないと」
笛をふけないというような話しだったような気がします。



このことは例えば私の仕事である鍼灸の臨床でも同じことだなぁ・・と最近つくづく思います。
たぶんどんな仕事でも日常でも同じことなのでしょう。


私の鍼の師匠石原克己先生にしても、かみさんの師匠阿部秀雄先生にしても、もちろんたくさんの技術(doing)も教えてくださいましたが、
共通して最も大事なこととして 同じこと を表現は違えどおっしゃっているのはおもしろいことです。

自分とつながる=自分を知る=健やかな在り方(being)





以下、今秋のシステミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。

「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」
と感じている方々、
慌ただしい日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2014年11月3日(月・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:16,200円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人形による個人セッションは随時受け付けております。





























at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

鍼灸祭2014

いよいよ3日後に迫ってきました第34回鍼灸祭のお知らせです。





日時:2014 年5月18 日(日曜日) 13:00 〜
場所:湯島聖堂講堂(祭礼・特別講演会)
主催:湯島聖堂斯文会


演題1「素問の版本について」                真柳誠先生(茨城大学教授)
演題2(実技供覧)「鍼の術として、巨鍼、散鍼、そして鍉鍼」 寄金丈嗣先生(六然社主宰)

参加費用:500 円
(祭礼講演会とも講堂にて執り行います)
懇親会場:湯島聖堂講堂(懇親会費:3000 円)


墨荘堂先生のブログに明日の演題を聞く上での 補足情報 をあげてくださっています。
鍼灸祭ってなあに??という方は こちら の投稿をご覧下さい(^_^)






at 18:18, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

根っこを伸ばす時間

今から20年近く前にマザーテレサに会いに行ったことがあります。

そのことは、以前 記事 にも書かせてもらいました。






その時、わからないなりに感じたマザーテレサの凄さの秘密は・・


定期的に気持ちを静かにする時間をもつこと。
つながりを感じる時間をもつこと。



・・でした。




あらためて、このことを今考え直してみると、やはりそれは間違いではなかったのだなと最近感じます。

身の周りのすごいなーと感じる方々は、みなさん一様に自分とつながる時間や方法、場、仲間をもっていらっしゃる。


心の体力をつける

心の柔軟性を取り戻す

ニュートラルな状態にリセットする

樹木で言えば、「根を張る」時間を持っている


・・とでもいうのでしょうか。




鍼灸の師匠、石原克己先生からは、技術の向上とは別にそのことを修行当時指摘されていましたが、なかなかこういうことは1人ではやりにくいもので、ついついその時は日常に流されていました。

そんな折、かみさんの師匠 阿部秀雄先生経由で知ったのがファミリーコンステレーションというグループワーク(家族療法)でした。


なぜかこのワークにハマッてしまい、トレーニング、働きがけを通じて、自分自身の様々な問題がクリアになり、生きるのがとても楽になってきました。

今では不思議なご縁で、鍼灸の臨床とは別にこのワークのセッションをさせて頂いております。









今回はこのシステミックコンステレーション1日ワークショップのご案内です。




「今浮上していること、ぶつかっていることに耳を澄ませてみたい、俯瞰して眺めてみたい・・」と思っている方、
慌ただしい日常を離れて、静けさと共に1日ご一緒できましたらうれしく思います。
 
視界や視点が変わることで、本来のその人らしく歩んでいける方向性とエネルギー源をみつけていくことができます。

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日 時:2014年6月15日(日曜日)10:00〜18:00
 
■会 場:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をご案内します)

■参加費:16,200円  

HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)  純一郎

【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566アットマークdocomo.ne.jp
◇送信時はアットマーク部分を@にかえてください
◇もし3日以上返信がない場合はお手数ですが確認のお電話を頂けますと幸いです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





 

人形による個人セッションは随時受け付けております。


 
◆治療家・セラピストの方々へ
 
ふだんお使いのアプローチとは、まったく異なった視点で
 
「心と身体」
「無意識的になにが起きているのか」
「病気や症状の背後にあるもの」
 
を実感できるワークです。

ここ20年以上で欧米のセラピストに最も影響を与えているといわれ、欧米、アジア、中東、アフリカ
30カ国以上に拡がり、30冊を越える著書が出版され、代表的なものは10カ国以上に翻訳されています。
 
 
私自身は、このワークに出会って様々な自分自身の問題が解決しただけでなく、東洋医学とはまた異なった視界で、
患者さんの状態、状況を理解できるようになり、臨床の幅が飛躍的に拡がりました。
 
 
心理的な分野は、ともすると心の闇と向き合うとか、怖い感じがする、しんどい・・というイメージを持たれがちですが、
このワークは、問題の背後にある「愛」の部分に光があたり、参加後「安心する」感じになるところがとても好きです。
 

この機会にぜひご体験頂ければ幸いです。 

ワークの説明 → こちら 




 

at 19:19, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

九鍼臨床フォーラム2014

初めての開催だった昨年に引き続き、第2回の「九鍼臨床フォーラム」
以下のプログラムで今年も開催されます。

私は今回、2日目のワークショップの1コマを担当させて頂きます。
普段の講座と違っていいところはやはり帰る心配のないところ。関心のある先生をつかまえて質問し倒して(笑)いただくことも可能だったりします。
また当会は臨床におけるソフトではなくハード(鍼灸の道具)の研究会。自然治癒力を賦活するあらゆる可能性を広い視野からみて頂く上でおもしろい場かと思います。
今回の会場は都内ですので、通いでの参加も大丈夫です。


ご関心のある方はぜひご一緒できましたら嬉しいです(^_^)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
開催日時:平成26年3月23日(日)〜24日(月)

テーマ:「四診(望・聞・問・切)と九鍼の運用」

【1日目】
13:00〜13:05 開会の挨拶  
13:05〜14:05 講演 『四診と九鍼の運用』 石原克己
14:05〜14:15 休憩・準備
14:15〜14:55 実技供覧 〇核槊叩      
14:55〜15:35 実技供覧◆〇害漆一郎
15:35〜15:45 休憩・準備
15:45〜16:25 実技供覧 福島哲也 
16:25〜17:05 実技供覧ぁ‐野済 
    
17:30〜 懇親会(府中駅周辺にて)

【2日目】
08:45〜10:00 シンポジウム『四診(望・聞・問・切)』
         シンポジスト:加藤且実・中倉健・小池俊治
             司会:関信之
10:00〜10:10 休憩・準備
10:10〜10:40 ワークショップ  間純一郎
10:40〜11:10 ワークショップ◆ 小池俊治
11:10〜11:20 休憩・準備
11:20〜11:50 ワークショップ  石原克己
11:50〜11:55 閉会の挨拶


●参加要項

  日時:3月23日(日)13:00〜17:00 (会場12:30〜)
     3月24日(月  )8:30〜12:00
  場所:府中コンチネンタル 府中駅徒歩1分
参加形態:一泊二日 ホテルにて朝食のみあり。1日目の夜に懇親会があります。
     また、宿泊せずにご参加なさる場合は事務局にご相談ください。

 参加費:会員 22000円  非会員 25000円

申込方法:右記こくちーずページより登録の上お申し込みください → 申し込みフォーム
ゆうちょ銀行への振込をもって最終的な参加申し込みとさせていただきます。
また、その際のお控えを領収書に代えさせて頂きます。

その他詳細は九鍼臨床フォーラム特設ホームページにて概要をご確認ください。
『九鍼臨床フォーラム』で検索、または『http://kyushin.ryuhai.com』
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

昨年のフォーラム画像より

◆平成26年度講座募集要項 → 東京九鍼研究会公式HP

at 16:00, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

12/8 コンステレーションワークショップのお知らせ

年末12月のシステミックコンステレーション1日WSのご案内です。


 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日 時:2013年12月8日(日曜日)10:00〜18:00
 
■会 場:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をご案内します)

■参加費:15,750円  

HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)  純一郎

【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
postmasterアットマークkusanonekko.com
◇送信時はアットマーク部分を@にかえてください
◇もし3日以上返信がない場合はお手数ですが確認のお電話を頂けますと幸いです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



「今浮上していること、ぶつかっていることに耳を澄ませてみたい」と思っている方、日常を離れて静けさと共に1日ご一緒できればうれしいです。 


 
視界や視点が変わることで、その人らしく歩んでいける方向性とエネルギー源をみつけていくことができます。



 

人形による個人セッションは随時受け付けております。


 
◆治療家・セラピストの方々へ
 
ふだんお使いのアプローチとは、まったく異なった視点で
 
「心と身体」
「無意識的になにが起きているのか」
「病気や症状の背後にあるもの」
 
を実感できるワークです。

ここ20年で欧米のセラピストに最も影響を与えているといわれ、欧米、アジア、中東、アフリカ
30カ国以上に拡がり、30冊を越える著書が出版され、代表的なものは10カ国以上に翻訳されています。
 
 
私自身は、このワークに出会って様々な自分自身の問題が解決しただけでなく、東洋医学とは
また異なった視界で、患者さんの状態、状況を理解できるようになり、臨床の幅が飛躍的に
拡がりました。
 
 
心理的な分野は、ともすると心の闇と向き合うとか、怖い感じがする、しんどい・・というイメージを
持たれがちですが、このワークは、問題の背後にある「愛」の部分に光があたり、参加後「安心する」
感じになるところがとても好きです。
 

この機会にぜひご体験頂ければ幸いです。 
ワークの説明 → こちら 

 

at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

第22回日本刺絡学会学術大会

会場のタワーホール船堀・改修工事の関係で例年と時期が異なりますが、今年も以下の要領で行われます。


古典から現代の垂直軸を中心に、中国からのゲストによる水平軸からも刺絡をみていく大会になる予定です。
申し込み詳細は 日本刺絡学会の公式サイト をご覧ください。


当日私は、講演の司会やら運営スタッフとして会場におりますです(^_^)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

大会テーマ:「古典を刺絡にどう活かすか?」

日時:平成25年10月14日(月) 9時30分〜17時 (9時開場)
会場:タワーホール船堀・大ホール (江戸川総合区民ホール)
参加費:会員5,000円 非会員8,000円 学生3,000円 (当日受付はそれぞれ1,000円増になります。)
懇親会:8,000円 (事前申込となります。)


会頭:       金古英毅 (日本刺絡学会理事)
実行委員長: 工藤哲也 (日本刺絡学会理事)



プログラム
会頭講演:         「古典から現代へ」金古英毅
教育講演:         「現代に活きる刺絡」西田皓一
指定講演:         「三輪東朔の刺絡−江戸期の刺絡専門医家−」 友部和弘
委託研究発表: 「治療文化としての刺絡」 山岡傳一郎
来賓講演:         「中国刺絡療法の過去現在未来(仮題)」 中国刺絡学会


9:00         開場        受付開始  
9:30         開会挨拶 会頭  
9:35         一般演題 2題  
9:55         来賓講演 中国刺絡学会 「中国刺絡療法の過去現在未来(仮題)」
11:05 指定講演 友部和弘 「三輪東朔の刺絡―江戸期の刺絡専門医家―」
12:00 昼休み  
12:30 総会  
13:00 教育講演 西田順天堂内科 院長 医学博士 西田晧一 「現代に生きる刺絡」
14:00   会頭講演  金古英毅 「古典から現代へ」
14:50   実技供覧  工藤哲也
15:35   休憩
15:45   一般演題 3題
16:15   研究発表  山岡傳一郎 「治療文化としての刺絡」
17:00   閉会挨拶  実行委員長
17:30   懇親会   

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




at 19:19, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -