鍼灸医道の先達に感謝する1日が終わりました。

5月の爽やかな陽気の中、今年も鍼灸医道の先達に感謝する1日が終わりました。


浅草寺五重塔の位牌(鍼灸医道顕者)参拝のため朝から浅草へ。
この日はちょうど浅草の三社祭と重なっていたため、街は朝からかなりテンションが上がっていました。



手前は佐川急便さんの浅草仕様!?飛脚便チャリ 






例年、世話人・有志により行われている浅草寺参拝ですが、今年は鍼灸祭当日と重なったため参加者も今までで一番多かったかもしれません。
*五重塔参拝は毎月15日のため


世話人の大貫先生より位牌の解説。
今回は京都からの講演者猪飼先生はじめ九州など遠方からもいらした方含む30人ほどの参加者がありました。


参拝後、TXで秋葉原まで移動。 鍼灸祭まで少し時間がありましたのでお昼ご飯タイム。
私の偏った嗜好にお付き合い頂き(笑)雲林坊(ユンリンボウ)さんへ。



10席しかないカウンター席を9人で占拠してしまいました(笑)
美味しい麻辣(マーラー)でみなさん解表呆然(笑)としつつ湯島聖堂まで食後散歩。



ちょうど12時〜13時の神農廟公開タイムでしたので、今年も拝観。


東京大空襲の火の海を生き残って今も青々とした葉を茂らせる銀杏の樹(神農廟の手前に植えられています)
昭和20年3月15日。民間人への攻撃を禁止している戦時国際法のルールを無視して行われた悲しい出来事。
約10万人の方々が亡くなられた大火焔の中、一部の人々の命を傘となって守り、焼け残った生命力を見る度に言葉にならない何かをたくさん頂きます。





今年の講演・実技供覧は、
猪飼祥夫先生による「漢代以前の医学資料概観」
高橋大希先生による「積聚治療の紹介」


猪飼先生からは、近年発掘が進んで続々と出てきている多数の出土品スライドとともに、広い観点から医学に 関連する可能性を、 猪飼先生ならではの視点から考察された大変貴重なお話しでした。
九鍼をふだん使うものとしては水晶の砭石がとても興味深かったです♪


高橋先生は普段の顔でなく一臨床家モード。積聚治療を、教員ならではのわかりやすさで解説して頂きました。
特に、小林詔司先生が積聚治療を構築される際の条件や小林三剛先生・易学とのご縁など、普段なかなか聞けない背景の話しが大変興味深いものでした。



懇親会はいつもの和やかムード。
いつもながらの明治屋さんの美味しいお酒はもちろん、墨荘堂先生持ち込みのシルキーな♡モルトにシビレていた方も多いようでした^^
大貫先生のギターと山田先生による甘い歌声もあり、あっという間の時間でした。


鍼灸祭は、流派・団体を越えた集いが基本。
業界的しがらみなどではなく、鍼灸振興に思いのある先生方が志しと共に毎年参加されている行事ですので、 普段なかなか会えないような大先生ともフレンドリーにお近づきになれる貴重な交流の場なのです。



主催くださる斯文会さん、支えてこられている事務局舘野先生はじめスタッフのみなさま方には本当に感謝です。

at 12:12, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

4/29システミック(ファミリー)コンステレーションWSのお知らせ

今年初のシステミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。




先日、沖縄の久高島という島に初めて行ってきました。


特になにかがあるという島ではないのですが、「街」の生活が失ってしまった様々な「つながり」が
いまだ残っている、時間のゆったり流れる魅力的な場所で、とてもリフレッシュしました。


自然の多い長閑な場所に行くと「時間の流れ方が違うねぇ・・」なんて言い回しをよく私たちはしますが、
それくらい普段の日常の生活というのは、現代のほとんどの人々にとって「慌ただしい」ものだったりするのが
当たり前になってはいないでしょうか。




ノーベル平和賞候補にもなったことのある、ベトナム出身の禅僧で平和運動家のティク・ナット・ハン氏は、

「立ち止まることは革命である」

とおっしゃっています。


慌ただしい日常の中で走り続ける現代人が、ハートやハラ、五感で「感じる」ことなく、オートマチックな反応の連続で
大切なつながりを見失いがちになっている状況に対して、投げかけられた言葉なのだと思います。
私はこの表現を聞いた時とてもハッとしました。


立ち止まる、静けさとつながる時間をもつやり方はそれこそいろいろあるのだと思います。


私自身は、ここ10数年、主にコンステレーションワークを通じてそういう時間を定期的に持ってきました。
その経験からティク・ナット・ハン氏の言う「立ち止まること」の価値をとても実感しております。









「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」と感じている方々、
慌ただしく過ぎがちな日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います
+(^_^)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2016年4月29日(金曜・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:19,440円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します

働きかけ枠はあと少しございます。


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++




人形による個人セッションは随時受け付けております。

at 19:42, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

東京九鍼研究会2016

2016年度の基礎課、研究課の募集が開始されました。



この会の特徴とは何でしょうか?

この時期になると、できるだけうまく伝えられないものかと毎年悩みます(笑)


端的に申し上げると・・


「刺激の質のバリエーションを切り口として鍼灸の可能性・本質を概観しやすい」


治療効果、つまり患者さんの自然治癒力をいかにあげるお手伝いができるのかというテーマにはたくさんの要素、ポイントがあります。

奥深い世界ゆえ、ついつい視野が狭くなりがちな臨床力UP登山の旅路なのですが、「広い視野」を見失わない、

「地図に囚われず現場を見る」・・ということが患者さんのイノチと向き合う臨床現場ではとても大切になってきます。

代表の石原克己先生自身が、そのことを鍼灸漢方の枠だけにとらわれず、他の伝統医療や心理分野、ヒーリングなど

幅広い視点から可能性と限界を追究されてきただけあって、講師陣も個性的で多彩(^^)笑

そのことを俯瞰、学んでいくにはとても適した会なのかと思います。



「臨床経験の少ない時期に治療効果を上げていくポイントを学びやすい」


一長一短では腕を上げていけない奥深い臨床の世界。かといって有資格者となれば目の前の患者さん相手、結果を出していかないとご飯を食べていけません。

毫鍼は、刃物で言えば万能包丁。たいていの用は足せる大切な基本道具ですが、材木を伐るには斧やノコギリ、

食パンをスライスするならパン切り包丁が圧倒的に有利というのはあきらかですね。

日本には微細な刺激で効果を上げる名人が多いですが、そういった先生方もちゃんと強い鍼をみなさん刺せる技術を持った上で臨床されているんですよね。

治療中いびきをかいて寝てしまうような気持ち良さの世界から、いろいろ廻って最後に鍼灸院に辿り着きました

というような患者さんに対応する世界の幅まで、ぜひ一緒に学んでみませんか。


◆参考:石原先生インタビュー記事→  

    東京九鍼研究会FACEBOOKページ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 講義内容|九鍼をはじめ、各種鍼具灸具の操作法を学ぶことで、臨床の幅が広がります。

基礎課 4/246/57/38/79/410/211/1312/4・平成292/53/5(全15講座)

鑱鍼・円鍼・鍉鍼・鋒鍼・円利鍼・毫鍼・長鍼・巨鍼・大鍼・火鍼・打鍼・挫刺鍼・各種灸法などの技術を習得します。

研究課 6/58/710/212/4・平成293/5 (全5講座)

基礎課で学んだ各種の鍼具灸具を臨床に応用するためのアドバンスコースです。

■ 会場|正和堂スタヂオ (東急東横線・目黒線 多摩川駅下車徒歩3分)

■ 講習費| 75000円(一般)・70000円(会員)  25000円(一般)・20000円(会員)

■ 講師|石原克己・加藤且実・小池俊治・関信之・中倉健・間純一郎・福島哲也・山本涼

 

4月は第411月は第2日曜日の開催。講義時間は10時〜1710分 。研究課開催日の基礎課の講義は13時までとなります。

※ テキストは『ビジュアルでわかる九鍼実技解説』(緑書房)を使用します。

※ 講義で使用する鍼具は別途費用がかかります。

※ 年会費10000円 (一年間有効、特典:受講料・出版物の割引・会報の配布・会員サイトの閲覧・動画視聴など。)

※ ´△鯲省受講される方は、会員になられるとお得です。

 

お問い合わせ、お申込み

東京九鍼研究会事務局

tokyo9shin@yahoo.co.jp

03-3483-8067

157-0072 東京都世田谷区祖師谷3-28-2 鍼灸指圧自然堂内(担当:中倉)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

11/3システミック(ファミリー)コンステレーションWSのお知らせ

システミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。



先月、9年ぶりにこのワークの創始者・90歳でなお現役で活躍されるバート・ヘリンガー氏が来日しました。
今回は参加しませんでしたが、数回来日されているワークショップで過去2度、氏の働きがけを直接受ける幸運に恵まれました。


Youtube バートのスペイン語圏WS動画より。


以来、なぜかこのワークに魅了されトレーニングにも参加。学びを継続して現在こうして
ワークショップを行う立場になっていることに、自分自身正直驚いています。

今年は、母親の見送り、80歳になる父親の近所への転居、そして自宅・職場の移転と・・
個人的にかなり大きな転機となっています。
外側の動きとしては激しいのですが、内側は穏やかで以前より軽やかにいられることがとても有り難いことです。

これも、家族はもちろん、ご縁あるみなさんの有形無形のサポートのおかげでありますが、
加えてこのワークを通して自分をみつめてこられたことによる部分は本当に大きいと実感しています。






「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」と感じている方々、
慌ただしく過ぎがちな日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2015年11月3日(火曜・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:16,200円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人形による個人セッションは随時受け付けております。 



 

at 01:01, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

火鍼(燔鍼・焼鍼)の1日勉強会迫ってきました。

十五夜、スーパームーンが過ぎ、日に日に秋の色合い濃く、朝夕もだいぶ気温が下がってきましたね。

さて明日から10月。
東京鍼灸勉強会さんが企画してくださった火鍼勉強会がいよいよ迫ってきました。



中国の鍼灸界で初の「非物質文化遺産針灸伝承人」(いわゆる人間国宝的なもの)に認定された老中医・賀普仁先生は、晩年かなりの疾患を火鍼で対応していたとも聞きます。

先日見つけた賀普仁先生の貴重なYoutube動画
(氏は数年前に他界されています→2015 8/22に逝去されたとのこと。ご指摘頂きましたK先生ありがとうございました)


*1:38 、9:10あたりで火鍼の刺鍼風景が観られます。


これからの冷えてくる季節、お灸などの温熱刺激がより効果を発揮してきますが、鍼灸の治療院でもまだまだ施術で使用されているところが少ない
「火鍼」をみっちり丸1日学べる貴重な機会です。
業界内でも「紹介」程度に目にされることはあるかと思いますが、身につけていくためのがっちり講習は九鍼研究会以外なかなかありません。


まだ席はあるようですので、ご関心のあられる方は以下東京鍼灸勉強会さんまで(^_^)
++++++++++++++++
10月12日(月・祝)
10時〜17時(途中休憩あり)
会費:鍼灸師8,000円 鍼灸学生6,000円
会場:正和堂スタヂオ(東急多摩川駅徒歩3〜4分)
++++++++++++++++












at 20:20, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

鍼灸祭2015

今年も新緑の季節恒例 鍼灸祭(第35回)の時期となりました。



日時:2015 年5月17 日(日曜日) 13:00 〜
場所:湯島聖堂講堂(祭礼・特別講演会)
主催:湯島聖堂斯文会


演題1「鍼灸序説ー私の天地人」小曽戸洋先生(北里大学東洋医学総合研究所 医史学研究部部長)
演題2(実技供覧)「火鍼の解説と実際」 間純一郎(東京九鍼研究会講師)

参加費用:500 円
(祭礼講演会とも講堂にて執り行います)
懇親会場:湯島聖堂講堂(懇親会費:3500 円)

●祭礼前の12時〜13時、通常みることのできない裏手の神農廟がおそらく今年も公開されるかと思います。


鍼灸祭の様子は拙ブログ過去記事をご覧ください 
→ 
 




演題一つ目は、復活第1回でもお話し頂きました小曽戸洋先生。
『針灸の歴史ー悠久の東洋医術』(天野陽介先生と共著)を今年1月に出版されたばかりの小曽戸先生、
医学史研究をライフワークにされる第一人者のご講演を間近に聴ける貴重な機会です!




演題二つ目は、僭越ながらなんと不肖私がやらせて頂くことに。
一般の鍼灸治療院ではあまり使用されない火鍼という特殊な鍼具の解説と実技をさせて頂きます。
日本の鍼灸界で流派を超えた交流の場として由緒ある鍼灸祭。
そんな場で講演させて頂くことは、正直過分で緊張いたしますが、せっかくのご縁ですので精一杯やらせて頂こうと思っております。


at 20:20, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

4/29システミック(ファミリー)コンステレーションWSのお知らせ

システミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。



私事ですが、今月母親が旅立ちました。

両親離婚後30年間離れて暮らし、ひょんなことから9年間一緒に五井で過ごすことができました。
感謝とともに穏やかな気持ちで母を見送ることができたことは、家族やたくさんの方々の支えはもちろんのこと、
振り返ってこのワークによる部分はとても大きかったと感じております。 






「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」
と感じている方々、
慌ただしく過ぎがちな日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2015年4月29日(水・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:16,200円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人形による個人セッションは随時受け付けております。 








at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

言葉はうそをつく。呼吸はうそをつかない。

「言葉はうそをつく。呼吸はうそをつかない」






先日 とある方が、鼻でふく笛を演奏、紹介されていた時の言葉が印象に残っています。

詳しい内容は忘れてしまいましたが、なんでも鼻笛をふくシャーマンの言葉だそうで、口からでる言葉はいくらでもごまかせるが、
呼吸はごまかせないので、自分自身が今どういう状態にあるか認識していないと・・・つまり「自分とつながっていないと」
笛をふけないというような話しだったような気がします。



このことは例えば私の仕事である鍼灸の臨床でも同じことだなぁ・・と最近つくづく思います。
たぶんどんな仕事でも日常でも同じことなのでしょう。


私の鍼の師匠石原克己先生にしても、かみさんの師匠阿部秀雄先生にしても、もちろんたくさんの技術(doing)も教えてくださいましたが、
共通して最も大事なこととして 同じこと を表現は違えどおっしゃっているのはおもしろいことです。

自分とつながる=自分を知る=健やかな在り方(being)





以下、今秋のシステミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。

「今、浮上していることに耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」
と感じている方々、
慌ただしい日常を離れて、静けさと共に「根っこを伸ばす時間」をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2014年11月3日(月・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:16,200円
HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します


【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
もし3日以上返信のない場合はお手数ですが確認のお電話をお願いします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人形による個人セッションは随時受け付けております。





























at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

鍼灸祭2014

いよいよ3日後に迫ってきました第34回鍼灸祭のお知らせです。





日時:2014 年5月18 日(日曜日) 13:00 〜
場所:湯島聖堂講堂(祭礼・特別講演会)
主催:湯島聖堂斯文会


演題1「素問の版本について」                真柳誠先生(茨城大学教授)
演題2(実技供覧)「鍼の術として、巨鍼、散鍼、そして鍉鍼」 寄金丈嗣先生(六然社主宰)

参加費用:500 円
(祭礼講演会とも講堂にて執り行います)
懇親会場:湯島聖堂講堂(懇親会費:3000 円)


墨荘堂先生のブログに明日の演題を聞く上での 補足情報 をあげてくださっています。
鍼灸祭ってなあに??という方は こちら の投稿をご覧下さい(^_^)






at 18:18, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

根っこを伸ばす時間

今から20年近く前にマザーテレサに会いに行ったことがあります。

そのことは、以前 記事 にも書かせてもらいました。






その時、わからないなりに感じたマザーテレサの凄さの秘密は・・


定期的に気持ちを静かにする時間をもつこと。
つながりを感じる時間をもつこと。



・・でした。




あらためて、このことを今考え直してみると、やはりそれは間違いではなかったのだなと最近感じます。

身の周りのすごいなーと感じる方々は、みなさん一様に自分とつながる時間や方法、場、仲間をもっていらっしゃる。


心の体力をつける

心の柔軟性を取り戻す

ニュートラルな状態にリセットする

樹木で言えば、「根を張る」時間を持っている


・・とでもいうのでしょうか。




鍼灸の師匠、石原克己先生からは、技術の向上とは別にそのことを修行当時指摘されていましたが、なかなかこういうことは1人ではやりにくいもので、ついついその時は日常に流されていました。

そんな折、かみさんの師匠 阿部秀雄先生経由で知ったのがファミリーコンステレーションというグループワーク(家族療法)でした。


なぜかこのワークにハマッてしまい、トレーニング、働きがけを通じて、自分自身の様々な問題がクリアになり、生きるのがとても楽になってきました。

今では不思議なご縁で、鍼灸の臨床とは別にこのワークのセッションをさせて頂いております。









今回はこのシステミックコンステレーション1日ワークショップのご案内です。




「今浮上していること、ぶつかっていることに耳を澄ませてみたい、俯瞰して眺めてみたい・・」と思っている方、
慌ただしい日常を離れて、静けさと共に1日ご一緒できましたらうれしく思います。
 
視界や視点が変わることで、本来のその人らしく歩んでいける方向性とエネルギー源をみつけていくことができます。

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日 時:2014年6月15日(日曜日)10:00〜18:00
 
■会 場:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をご案内します)

■参加費:16,200円  

HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)  純一郎

【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566アットマークdocomo.ne.jp
◇送信時はアットマーク部分を@にかえてください
◇もし3日以上返信がない場合はお手数ですが確認のお電話を頂けますと幸いです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





 

人形による個人セッションは随時受け付けております。


 
◆治療家・セラピストの方々へ
 
ふだんお使いのアプローチとは、まったく異なった視点で
 
「心と身体」
「無意識的になにが起きているのか」
「病気や症状の背後にあるもの」
 
を実感できるワークです。

ここ20年以上で欧米のセラピストに最も影響を与えているといわれ、欧米、アジア、中東、アフリカ
30カ国以上に拡がり、30冊を越える著書が出版され、代表的なものは10カ国以上に翻訳されています。
 
 
私自身は、このワークに出会って様々な自分自身の問題が解決しただけでなく、東洋医学とはまた異なった視界で、
患者さんの状態、状況を理解できるようになり、臨床の幅が飛躍的に拡がりました。
 
 
心理的な分野は、ともすると心の闇と向き合うとか、怖い感じがする、しんどい・・というイメージを持たれがちですが、
このワークは、問題の背後にある「愛」の部分に光があたり、参加後「安心する」感じになるところがとても好きです。
 

この機会にぜひご体験頂ければ幸いです。 

ワークの説明 → こちら 




 

at 19:19, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -