おかげさまで15年。

今月の21日で、当院は開業15周年をおかげさま無事迎えることができました。

 

 

いつもご愛顧頂きましてありがとうございます。

今後も引き続きましてより質の高い治療を提供させて頂けるよう精進して

まいりたいと思います。

 

 

なお、開院当初より経営努力を重ね、15年間同一料金でおこなって参りましたが、

諸経費の高騰に伴い、この度、治療費を改定させて頂くことになりました。

 

旧治療費:4000円(小児(〜小学生)1500円・学生2500円)

 

新治療費:5000円(小児・学生は据え置き)

6/1より適用。

 

 

【回数券】
旧料金:5回券18000円 10回券35000円
新料金:5回券23000円 10回券45000円
なお、回数券ご希望の方は6月末まで旧料金にて提供させて頂きます。
回数券には使用期限はありません。家族、友人等でのご利用も可能です。
(PC買い換え後、ホームページの方はソフトの関係上、表示の更新がまだできておりません)
以上、ご理解、ご了解のほどなにとぞよろしくお願いいたします。

  


 

at 10:10, くさのね, 臨時休診等のお知らせ

comments(0), -, - -

知らなかった台湾に会ってきました。

4月の初めは、お休みを頂き、所属する東京九鍼研究会の研修で台湾へ行ってきました。


研修自体は、台北医学大学付属医院の見学を含め、この会らしいなかなかdeepなプログラム(笑)
個人的にかなり有用な情報も得られ大変有意義でした。
日々の臨床に役立てていこうと思います。
現地コーディネートして頂いた台北医学大学の陳先生、通訳で尽力頂いた森先生、
とりまとめ頂いた中倉先生、山本先生には感謝申し上げます。
 
研修模様に関しては東京九鍼研究会のFBページに譲るとして・・

 
個人的にはせっかくの機会ということで少々前乗りさせて頂き、南部の方へ。
台湾といえば、東日本大震災時、200億円以上の義援金を支援頂いた国ということで
記憶に新しいところ。




しかし、親日国ということは一般に知られていても、どうしてそこまで支援してくれるのか?ということに
明確に答えられる日本人は果たしてどれくらいいるのでしょうか?
恥ずかしながら、私は明確にわからなかった一人。



今回は、研修以外にも台湾に残る日本をできるだけ感じてきたいなと少し回ってきました。



台南にある1930年代に建てられた消防署。
現在、台湾では日本統治時代に建てられた建物を保存して有効利用しようという流れに
なっているそうで、こちらもリノベーションの最中のよう。
修復工事前の画像は以下。






台南・林百貨店屋上の神社 末広社。
開業当時は一般公開されないエリアだったとか。


翌日は、一番行ってみたかった烏山頭ダムへ。
台湾では教科書にも載り、最も尊敬される日本人とも言われる八田與一の偉業をぜひ実際に見てみたいと
思っていました(→八田氏の業績


台南からローカル線で隆田駅へ。ここからタクシーをチャーターして向かいます。


駅の構造は日本人には懐かしさをおぼえる風景。うちの近所の小湊線はいまだにこのスタイルです。


八田與一の像。昨年の損壊事件の影響なのか近づけないようロープが張ってありました。


八田技師記念室。


台湾でも大ヒットした映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」でも出てくる旧放水口。
八田役の大沢たかおが立っていたところですね。






満水時のための余水口













当時は、台湾も「日本」でしたから自国のインフラ整備
ということになりますが、現地の人々とチカラを合わせて
成し遂げられた・・と言う意味では、途上国への海外活動
と重なるイメージもあり、そういう意味ではスーパーな
JICA専門家、JOCV隊員という風にも感じられ、とてつもない
活動をされたのだなあとただただ驚くばかりです。




その後、台北に向かう途中、新竹市で途中下車。
戦死した祖父の兄家族が住んでいたという場所を見てみたくなり行ってきました。
父のいとこは湾生(日本統治時代の台湾で生まれ、戦後に日本本土へ引き揚げた日本人
になります。


新竹駅。日本人建築家松崎万長が設計した台湾で現存する最古の駅舎。
100年超えの長老駅舎ということで東京駅と姉妹駅になっています。


新竹駅から内湾線で竹東駅へ。
小湊線同様こてこてなローカル線です。


こちらが内湾線。たまたま乗車した客車は日本製でした。


車内はこんな感じ。謎のアニメキャラ全開。


竹東駅に着きました。


駅前の雰囲気は想像よりずっと都会です。


ここで帰ろうかと思っていましたが、どうせ来たのだからと、戸籍謄本の上坪地区まで
タクシーで行ってみようということに。漢字で書いたメモを見せて行ってもらいます。


上坪地区に入りました。
ここまで来るとかなりローカルな雰囲気。


上坪地区の国民小学校。





上坪の老街です。当時からの建物なのでしょうか、雰囲気があります。


たまたま会った地元のおばあちゃん。
残念ながら日本語の話せる方ではありませんでしたが、戸籍謄本を
見せて身振り手振りしていたら趣旨をわかってくれたようで、
親指を立てて、「こんなところまでよく来たな!!」とジェスチャーと表情で表してくれました。
このおばあちゃんのおかげでなんだかほっこりしました。
今回、烏山頭ダムには、本当に行ってよかったです。
この偉業の凄さ、義援金の意味を五感を通して少しでも感じることができました。
参考ブログ記事(白駒妃登美さん)



 

at 00:00, くさのね, あの人に会いたい

comments(0), -, - -

4/30システミック(ファミリー)コンステレーションWSのお知らせ

本日は、花見客でごった返す目黒川近くでコンステレーションワークの勉強会。

昼ご飯から戻ると、会場の畳の上にどこからか花びらが1枚舞い込んでいました。
以前からずっと気になっていた感覚を今日は仲間にワークしてもらうことに。

みぞおちの辺りにあった積年の緊張が、背後の代理人に触れてもらいながら少しずつ少しずつほどけていき、

散っていく花びらのスピード感で呼気と共に優しく解放されていったのがとても印象的でした🌸

さて、春のシステミックコンステレーション1日ワークショップのご案内。

 

「今、浮上している悩み、感覚、感情に耳を澄ませてみたい、広い視野で俯瞰して眺めてみたい・・」

と感じている方々、慌ただしく過ぎがちな日常を離れて、静けさと共に

「コップを満たす時間」、「根っこを伸ばす時間」

をご一緒できましたらうれしく思います(^_^)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■日時:2018年4月30日(月曜・祝)10:00〜18:00
■場所:江東区(お申し込み頂いた方に詳細をお知らせします)
■参加費:19,440円
■HIJ認定ファシリテーター:間(ハザマ)純一郎

*当日は、HIJ4期トレ修了の妻・紗由子も参加します

【お申し込み・お問い合わせ】
090-5499-0595
kusanone7566 アットマーク docomo.ne.jp
送信時はアットマーク部分を@に変えてください。
お申し込み後3日間以上返信ない場合は、恐れ入りますが上記番号までお電話くださいませ。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

人形による個人セッションは随時受け付けております。 

at 21:21, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

3月の臨時休診

【お知らせ】

当院の休診日は、日曜日と祝日。
第3木曜日10時〜13時は健康教室となります。

 

1〜4月半ばまで鍼灸学校臨床実習指導がありませんので

毎週水曜日の15時以降も通常通りの診療となります。


3月の臨時休診の予定は以下になります。

     
  

  10日(土)午後  研修

      29日(木)    研修

  (4/2〜4/7台湾への鍼灸研修)

  

  

 


ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

at 22:22, くさのね, 臨時休診等のお知らせ

comments(0), -, - -

東京九鍼研究会2018

いよいよ今週末は、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の国家試験ですね。

昨年、臨床実習を担当させて頂いた学生のみなさんのお顔が浮かびます。
とにかくこの段階では、オリンピックアスリートの皆さん同様、インプットの問題より、いかに
自分のパフォーマンスを出し切れるかというコンディション調整がとても大事ですね。
試験前に信頼している先生の治療を受けて臨むのもオススメですよ(^^)
さて、今年も研究会参加者募集の時期となりました。
「九鍼を使った臨床とはなんでしょうか?」
いつ質問されても、より納得いく返答ができるように、自分のアタマの中で
練り返しながら、言語化されたり腑に落ちたりの近年です。
毎年この時期の投稿によって表現が変わってきていたりしますが、やはり現時点改めて
思うのは・・
「道具の違いで得られる効果の幅を基本的に知っておいて欲しいなあ」
・・ということでしょうか。
『針灸大成』九鍼図
参考:宮大工さんの道具バリエーション
臨床にでると、本当に千差万別の様々な患者さんがやってきます。
そしてほとんどの患者さんのニーズは当たり前のことですが「治して欲しい」です。
臨床の最終的ポイントは、誤解を恐れずに言えば・・自然治癒力が働きやすくなるための「場」を適切な方向に変えるチカラです。
針金で手錠を開けてしまうように(笑)、名人芸の世界では、道具のいかん問わず「場」を変えてしまう世界が
あるのもたしかなのですが、大半の人はその手前。
適した道具のチカラを借りてしまった方が手っ取り早い。
最終的には、九鍼使わずとも(笑)どんな流派やソフトな道具のみでのスタイルになられても
構わないとは思いますが、少なくとも道具の違いで動かせる世界の幅は一度知っておいて欲しいものだなあ
と素朴に思ったりしております。
30年のベテランでも、免許取り立てでも、患者さんにとっては「先生」であり、プロになる以上「結果」を求められます。
奥深い世界は時間をかけて習得していくにしても、道具を変えるだけで比較的結果を出しやすい世界もあるのです。
患者さんにとって治る為には「手段」は問わない話ですからね。
あ、もちろん患者さんの感受性も千差万別なので、それぞれに対応する刺激バリエーションも学んでいけます。
教科書で習う古代九鍼と異なり、現代の九鍼は道具としての進化も素晴らしいです。
九鍼というと、強い鍼もあるので、それだけで食わず嫌いになりがちですが、
現代の道具を適切に使用すれば、必要な患者さんには許容される刺激範囲で十分運用できます。
証のあった漢方煎じ薬が、苦くなく、時においしいとまで感じられるかのように。
なんだかいろいろ書いてしまいましたが、興味を持たれた方はぜひ単発でも参加されてみてくださいね。
隠し事のない研究会なので、どんな秘伝も聞けばなんでも教えてくれる講師ばかりです(^^)

●参考 → 昨年度の記事

●講習会の雰囲気など → 東京九鍼研究会FACEBOOKページ

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 講義内容
基礎課 5/6・6/3・7/1・8/5・9/2・10/7・11/4・12/2・平成31年2/3・3/3(全15講座)
鑱鍼・円鍼・鍉鍼・鋒鍼・円利鍼・毫鍼・長鍼・巨鍼・大鍼・火鍼・打鍼・挫刺鍼・各種灸法などの技術を習得します。
研究課 6/3・8/5・10/7・12/2・平成31年3/3 (全5講座)
基礎課で学んだ各種の鍼具灸具を臨床に応用するためのアドバンスコースです。


■ 会場|正和堂スタヂオ (東急東横線・目黒線 多摩川駅下車徒歩3分)
■ 講習費| 75000円(一般)・70000円(会員)  25000円(一般)・20000円(会員)
■ 講師|石原克己・加藤且実・小池俊治・関信之・中倉健・間純一郎・福島哲也・山本涼
 
※ 研究課開催日の基礎課の講義は13時までとなります。
※ テキストは『ビジュアルでわかる九鍼実技解説』(緑書房)を使用します。 
※ 講義で使用する鍼具は別途費用がかかります。 
※ 年会費10000円 (一年間有効、特典:受講料・出版物の割引・会報の配布・会員サイトの閲覧・動画視聴など。) 
※ ´△鯲省受講される方は、会員になられるとお得です。

不明な点は東京九鍼研究会事務局までお問い合わせください。お申込みお待ちしております。

tokyo9shin@yahoo.co.jp

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

at 22:22, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -