<< 家系のルーツを辿る旅に行ってきました。 | main | 11/23システミック(ファミリー)コンステレーションのお知らせ >>

天津まで学会参加してきました。

先週末お休みを頂き、役員をさせてもらっている日本刺絡学会と提携している中国鍼灸学会 刺絡と吸玉委員会の

学術大会に参加交流してきました。

 

 

天津の街はちょうど秋色濃い時期。
空気も想像よりクリアで連日秋晴れ、気温は日本より低いものの快適な滞在となりました。

 

数年前より郊外に移転整備中の天津中医薬大学は60周年を迎えるそうで、もの凄いスケール感。

大会前日のお忙しい中、郭義委員長自らお迎え頂き、学内を丁寧に案内して頂きました。

 

脈象訓練機の設備は圧巻。最新型は液晶画面をタップするだけで油圧で微妙にコントロールされた脈状がすぐに再現されます。

ずっと触っていたい感じ(笑)

 

画像奥がボタンで切り替える旧型。手前が最新型です。

 

こちらは舌象訓練マシーン。

銀色の球体の中に顔をつけて舌の画像を撮ります。
撮影した画像はすぐに隣のパソコンで分析、学習。

 

校舎中央部の広場には巨大な人参のオブジェが。

左右は見学中お世話頂いた女学生さん達。
小野先生によると、このようにして来客をどのようにもてなすかという教育も
兼ねているそうで、教育者としての郭義老師の一面が垣間見えます。

 

 

今回の学術大会は、世界中医薬学会連合会適切な中医技術の評価と普及委員会他多数の学会との併催。

日本ではないタイプの開催形態でした。

 

 

今回不妊治療の学術交流でちょうどいらしていた徐大兼先生ともご一緒できました。

 

師匠の石原先生は鼻咽腔の刺絡で講演、実技発表。

ご存じの方にはおなじみのアレです(笑)
デモ患者さんはネット募集した現地の方です。

 

1週間前に開通したばかりだという地下鉄の新路線で天津中医薬大学第一付属医院駅へ。

鉄ちゃん魂が萌えます(笑)

 

真新しい車内

 

帰国日午前中は、新しく分割移転された天津中医薬大学第一付属医院を見学。

総合病院規模の医療施設に毎日数千人単位の人が鍼治療に訪れます。

 

 

予約受付も電子化が進んでいます。

 

 

VIPフロアが一般と別に設けられていて、そこの専用薬局。

 

 

番外編

宿泊ホテル近くのセブンイレブンで購入したストレート果汁100%、混ぜ物なしのライチジュース。

これ凄く美味しかったです。日本でも売って欲しい・・

 

番外編

同じく椰汁。甘味控えめのシンプルなココナッツミルクドリンク。
これも美味しい。

 

 

 

PM2.5の影響はほとんど感じずにすんでクリアな青空が気持ちよかったです。

初めて乗った787型の機体も快適でした。

at 22:32, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

comment