<< べてるとの遭遇 | main | 10月の臨時休診 >>

火鍼(燔鍼・焼鍼)の1日勉強会迫ってきました。

十五夜、スーパームーンが過ぎ、日に日に秋の色合い濃く、朝夕もだいぶ気温が下がってきましたね。

さて明日から10月。
東京鍼灸勉強会さんが企画してくださった火鍼勉強会がいよいよ迫ってきました。



中国の鍼灸界で初の「非物質文化遺産針灸伝承人」(いわゆる人間国宝的なもの)に認定された老中医・賀普仁先生は、晩年かなりの疾患を火鍼で対応していたとも聞きます。

先日見つけた賀普仁先生の貴重なYoutube動画
(氏は数年前に他界されています→2015 8/22に逝去されたとのこと。ご指摘頂きましたK先生ありがとうございました)


*1:38 、9:10あたりで火鍼の刺鍼風景が観られます。


これからの冷えてくる季節、お灸などの温熱刺激がより効果を発揮してきますが、鍼灸の治療院でもまだまだ施術で使用されているところが少ない
「火鍼」をみっちり丸1日学べる貴重な機会です。
業界内でも「紹介」程度に目にされることはあるかと思いますが、身につけていくためのがっちり講習は九鍼研究会以外なかなかありません。


まだ席はあるようですので、ご関心のあられる方は以下東京鍼灸勉強会さんまで(^_^)
++++++++++++++++
10月12日(月・祝)
10時〜17時(途中休憩あり)
会費:鍼灸師8,000円 鍼灸学生6,000円
会場:正和堂スタヂオ(東急多摩川駅徒歩3〜4分)
++++++++++++++++












at 20:20, くさのね, ワークショップ・学会・研究会等

comments(0), -, - -

comment