<< 2月の臨時休診 | main | 3月の臨時休診 >>

ひさびさに噛みました。

じゃっかんの頂き物フライングが少しあったものの昨日まで7日間断食しておりました。
今までは4日間が最高でしたので、自分的新記録でしょうか。


「大丈夫なの?」

「どんな感じ?」

「私には無理だわー。」

「たしかに・・ほっそりしたね・・」


などなどいろいろなリアクションがあります(笑)
たしかに今向かい風ならTMレボリューション並みにGパンがなびくかもしれません(笑)な訳ないか(笑)



先々週1週間どうにも三叉神経痛様の痛みが抜けず、これは「身体さん」のお声を
聴かざるを得ないな・・ということで、いつもながらの懲りないスタート(;^_^A



今回は「思考で」期間を初めに設けずに、「身体さんの声」に従ってやってみようという
ことにしてみました。 

未体験な方には、ハードル高くめちゃくちゃ苦行のように思われるかもしれませんが、
1、2日モードが入ってしまえば、食べることの執着はなくなります。
近くで誰かが食事していても平気。

むしろ、睡眠の質が上がって寝起きが軽かったり、食事に取られていた時間がたくさん
使えるようになったり、思考が静かになってからだモードでいい感じだったり・・と
メリットの方が実感され、ある種の快適さで過ごせるようになります。

まぁ、そうはいっても聖人ではありませんのでw、いつものように美味しそうな食べ物サイトとか
閲覧したりはするんですが(笑)全然動じないんですね。


まだまだ続けようと思えば続けられる感じなのですが、とりあえず「よいかな・・」という感じもあり、
1週間で区切りをつけて本日昼より復食に入ることにしました。


ご経験、知識のある方はおわかりでしょうが、断食(ファスティング)は、「食べない期間よりも復食期間がとても重要」

ある意味水分さえとっていれば、食べない期間はそれほど危険はなく、むしろ復食期を丁寧にやることが
とても大切になってきます。

つまりいきなり通常ペースに戻さないということですね。
ここを雑にやってしまうと、中には身体がついていけず亡くなる場合もあると聞いたことがあります。

基本は、断食期間と同じ期間をかけて量と質をじんわり戻していきます。
よくあるのは、おかゆの前に重湯から始めて・・という感じでしょうか。


今回はY老師に教えて頂いた「あるもの」を復食に使ってみることに。


さて、「あるもの」は果たして何でしょう・・


それは以下。



麹(こうじ)ですね。



できればなるべくちゃんと作られたものがよいということで、
千葉県が誇る名酒「五人娘」で有名な蔵元「寺田本家」さんに注文。
無農薬米と野生の稲麹から作られた天然白米麹(500g 972円)です。


これを形が無くなるまで何十回もじんわり噛んで頂くとのこと。
今日のお昼から試してみました。

甘酒とかならともかく、麹を直接そのまま食べるのは初体験。
意外とそんなにクセなく、優しいほのかな甘味があって悪くないです。

始め、柔らかめの生米を噛む感じでぽりぽりと咀嚼していきますが、そのうち噛みやすくなってうまみを感じ、
だんだんカタチが消えていきます。

いやー1週間というとさすがに久しぶりの食事。
ひさびさ「食べた」というより「ひさびさモノ噛んだ」という感じですね(笑)


ネットで調べてみると、結構、麹をそのまま食べている方いるんですね。
たしかに変な高額サプリメントなんかよりよっぽどよろしいかと思います。

これから断食期間と同じ1週間かけて復食していきます。





















at 15:15, くさのね, こころ・からだのこと

comments(0), -, - -

comment