<< 11月の臨時休診 | main | 12月の臨時休診 >>

1度きりのロードショー

人は肉体を離れる時、走馬燈という1度きりの上映作品を観ると言われていますね。
この動画をみると、その作品はこんな感じなのかしら・・なんて思ったりします。

こんなことを考えるのは晩秋という時期のせいでしょうか。
それとも育ての母でもあった祖母が亡くなってから1年という時期だからなのでしょうか・・


【全画面表示がオススメです→動画右下角のマークをクリック】





最近、鍼灸の治療と共に人形によるコンステレーションワークの個人セッションをさせて頂く機会が増えてきました。

人の数だけある かけがえのない大切な物語を垣間見させて頂けることは、とても貴重で有り難いことだなぁと感じるこの頃です。




 

at 15:15, くさのね, つれづれ

comments(0), -, - -

comment