<< いきるということ、しぬということ。 | main | 九鍼臨床フォーラム2014 >>

考えさせられますね・・

前回の記事つながりという訳ではありませんが、シェア自由ということなので、FACEBOOK介護の心ページさんの記事より紹介させて頂きます。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日、無職片桐康晴被告が、 認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判でのやり取りを知っているだろうか。 自然と涙が出てきてしまう。 この事件は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。 片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。 母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。 片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。 生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。 介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、 06年1月31日に心中を決意した。 最後の親孝行に、と、片桐被告は31日は、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、そのまま桂川べりで夜を明かす。 2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で 「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は 「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が 「すまんな」と謝ると、母は 「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は 「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。 この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。 母の首を絞めて殺し、自らの首も包丁で切ったが、母の遺体の横に倒れているのを発見され、一命を取りとめた。 「母の介護はつらくはなかった。老いていく母がかわいかった」。 「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」 片桐被告は語った。 冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。 目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返っていた。 判決で東尾裁判官は「献身的な介護を受け、最後は思い出の京都市内を案内してもらい、被告に感謝こそすれ決して恨みなど抱かず、厳罰も望んでいないだろう」と、母親の心情を推察。 半面、「公的支援が受けられず経済的に行き詰まった」と行政対応に苦言を呈した。被告は昨夏、何度か社会福祉事務所に生活保護の相談に行った。しかし「頑張って働いてください」などと門前払いされた。この対応に「被告が『死ねということか』と受け取ったのが本件の一因とも言える」と裁判官。「介護保険や生活保護行政のあり方も問われている」と強調した。 「痛ましく悲しい事件だった。今後あなた自身は生き抜いて、絶対に自分をあやめることのないよう、母のことを祈り、母のためにも幸せに生きてください」 裁判官が最後にこう語りかけると「ありがとうございました」と頭を下げた被告。判決後、弁護士に「温情ある判決をいただき感謝しています。なるべく早く仕事を探して、母の冥福を祈りたい」と語ったという。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


上記のケースに比べればずっと恵まれてはいますが、私自身も一人っ子でこれから両親と妻の両親の人生終盤にどう寄り添えるかという時期まっただ中ですので、
イノチを全うするということについてとても考えさせられますね。


PS.認知症ケアの参考情報 → ユマニチュード
 

at 09:00, くさのね, つれづれ

comments(0), -, - -

comment