<< 10月の臨時休診 | main | 鍼灸師のdoingとbeingを考える(続・糧となる感覚) >>

サーボーン(モルディブのお茶会)に行ってきました!

モルディブ大使館で行われたサーボーン(モルディブのお茶会)に行ってきました。
ほんのひとときのお茶の時間のために青森や山口など全国からJOCVのモルディブOVが集合(現在までの累積モルディブ派遣隊員数は300を超えているそうです)

とてもなごやかで楽しい時間となりました。






モルディヴで仕事されているという若築建設の方々ルートで手に入ったワローマス(いわゆるモルディブフィッシュのなまり節)

松田OGからお借りしたインド製ココナッツ削り器。底は吸盤タイプというスグレモノ。

20年弱ぶりのカーシ(ココナッツ)割り。
木から落ちたココナッツのまわりの繊維をはがすとこの状態に。
さらに真ん中を模様に垂直に叩くと画像のように割れます。
現地では当時ナタの刀背でやっていました。慣れると意外に簡単。


せっかくの貴重なカーシでしたが、中はすでに水分が抜け、白い部分はなくなっていました(泣)
結局はココナッツの部分は製菓用ココナッツファイン等で対応することに。
松田OGせっかく削り器送って頂いたのに残念でした。


わが家の秘密兵器、治療院ベランダ栽培のヒッカンディファイ(カレーリーフ)
これが入るか否かで風味の現地度は大違い!

モルディブの柑橘というといわゆる黄色いレモンはなくルンボ(ライム)です。
現地に流通するものはもっと小さいのですが、今回は日本で入手できるメキシコ産。


ワローマスを細かくする大変な作業を泊まりに来ていたしげちゃんに手伝ってもらいました。


業者並みのマスフニ仕込量(゜▽゜)
レシピはこちら


神谷町から徒歩ですぐのモルディブ大使館はじめてきました。まだできて数年です。
東京タワーのすぐ近く飯倉の交差点のところにあります。


カリール大使にマスフニかなり気に入って頂き嬉しかったです。

OGの方々力作の絶品ヘディカ。ウォーマーで温かいロシ(チャパティ的なモノ)もあって感激。

帰国後、伊豆大島で農業をされている篠OBがもってきてくれたギテオミルス(とうがらし)久しぶりの香りと辛さに(T . T)♪
日本でつくっているそうなので、連絡先知りたい方はご連絡ください。





とりまとめ頂きました田中貴徳OB、カリール大使はじめ大使館スタッフの方々、ご参加のみなさま、どうも有難うございました。


今回をもって青年海外協力隊モルディヴOV会が発足。
OV会住所も大使館内におけることとなりました。
今後毎年10月の第1土曜日にサーボーンをすることに。今回残念ながら参加できなかった皆さま来年お会いしましょう! 




PS.日々のモルディブ情報はFACEBOOKのサーボーンページに登録されると入手できます。

at 08:08, くさのね, モルディヴのこと

comments(0), -, - -

comment