<< 母校での初めての授業に行ってきました。 | main | 結果ではなく過程・・ >>

今なぜこの仕事をしているのか?

「自分が今なぜこの仕事をしているのか?」




NVC(非暴力コミュニケーション)でいうところの根源的ニーズ的に言えば、一番は「つながり」を求めているからではないかと改めて感じています。

入口は「目の前の人とつながりたい。」

家族や自然ともつながりたいし、病に苦しんでいる人、ハンディをもっている人、先進国の豊かさを支えてくれている底辺の人々、そして自分自身とも。




鍼灸の道に進む最終的きっかけは、インドでの体験でした。

極論すると「鍼灸」というツールは、生活をしながら自分のニーズを満たすための一手段に過ぎないともいえます。
(もちろん好きなことですし、技術的にも一生研鑽ですが・・)


そんなわけで、個人的には手段を磨くことと同時に

「技法や手段の手前にあるもの」

にとても大きな興味関心をもってきました。


求めているものに天は圧倒的なサポートをくださるもので、そういう意味でのご縁はこれでもか!というほど恵まれていて、
鍼灸の師匠の石原克己先生、かみさんの師匠の阿部秀雄先生など。
そのほかあげればきりがないほど、「その世界の第一線級の方々」の仕事にまじかに触れさせて頂くご縁を、
ここ20年ほど持たせてもらってきています。


最近それらの方々の仕事の凄さ深さはもちろん、共通するあり方というかまなざしのようなものを改めて感じています。

それを感じると最近とても涙もろい日々。
これを肌で知っているか知らないかということも、この仕事やっていく上で大きいよなぁと感じる昨今です。





ちょっと生真面目すぎる内容になってしまいました(^_^)ゞ
そんなこんな含めてみなさんと体験や感覚を共有できたらうれしく思います。




参加をお考えの方は私の方までお早めにご連絡くださいませ。




会場から車で20〜30分ほどの戸隠神社。
4月でも雪に埋もれていた奥社も今月は以下の感じに。




参道脇の花、なんだろう?

早朝の奥社への参道はギフトのような気持ちよさです。









at 09:09, くさのね, こころ・からだのこと

comments(0), -, - -

comment