<< らくだの涙と九鍼 | main | あけましておめでとうございます! >>

ジンブー使ってみました。

タイトルでピン!とくる方は相当マニアックな方かと思います(笑) 
恒例で恐縮ですがカレーネタです。








ジンブーは、ネパールの国民食ダルバートの豆カレーに使用されるスパイスです。
なんでもネパールの高地で採れるヒマラヤ葱を乾燥させたもので「シェルパのスパイス」とも呼ばれているとか。


こういうマニアックなものにめっぽう弱いB型凝り性の自分は、4月にネパールに行った際に購入してきました。


これがそのジンブー。カトマンズのスーパーで買ってきました。


中身のアップ。灸頭鍼用粗悪もぐさに混入する枝のような感じ(笑)
においを嗅いでもぜんぜん食品な感じすらしません。



今回は、これまたカトマンズ購入のウラドダール(毛蔓あずき)とムングダールの2種類混合でダルカレーを作ってみました。

タルカ(テンパリング)という技法で、香りと味を移した油を調理終盤に煮込んだダルスープにジュッと注ぎます。

今回はバターにジンブーとクミンシードを入れて、香りを出し、その後チリ、オニオン、トマトなど投入してみました。



うーん、これこれ!!という風味に♪




もう一品、じゃがいものサブジをカレーリーフ、パクチー、ししとうなどフレッシュスパイスで香味感バリバリ広瀬香美(笑)
という感じに仕上げて完璧です(^_^)





例年、和く輪く舎の忘年会に作らせて頂いておりますが、今年もご好評頂きよかったです。

at 11:11, くさのね, おいしいもの♪

comments(0), -, - -

comment