<< 最高級デーツ | main | ナツメ違い >>

三稜鍼のメンテナンス

毎年、日本刺絡学会主催で行われる基礎講習会(東京)2010が、昨日スタートしました。
今年は、約80名近くのご参加。
東鍼校の講堂がはちきれんばかりの熱気です。




4回シリーズの初日、午前中は衛生処理と法規の講義。

いまだに、「鍼灸師の刺絡は違法」なんていう誤った認識を持っている
鍼灸学校の先生もいらっしゃるようなので、歴史的経過と現状を楠本先生の
明快な講義で安心された方も多かったのではないかと思います。
日本刺絡学会WEB:http://shirakugakkai.com/


午後は、基本中の基本「井穴刺絡」の実技練習。
見るのとやるのは大違いということで、やはりみなさん結構苦戦されていましたね。


大丈夫です。
誰でも最初はうまくできませんから。

とにかく、近くの人をつかまえて(笑)は、練習と実感を積み重ねてください。
使えるようになれば、名人でなくても「痛くなく」、「結果」を出せるようになりますよ。




さて、塩野製作所製スプリング式三稜鍼を手に入れたら、ぜひまず
ワッシャー(座金・ざがね)をご自分で装着されてください。
ねじが弛んでしまい、刃先が勝手に出過ぎたり、引っ込んだりしてしまうのを防いでくれます。
ワッシャーはホームセンターのねじ類を売っているコーナーで購入できます。
「内径3弌廖何度も滅菌しますので「ステンレス製」がベター。
私が使用しているのは、ジョイフル本田さんで1個4円のばね座金です。


装着の仕方は以下:



叩く部分のアタマが、指のちからでひねれるようでしたら簡単です。
アタマとねじ1個を取って、2つのねじの間に装着。またねじとアタマをしっかりつけておくだけ。


取れない場合は以下のようにペンチを2本を用意します(100円ショップモノでOK)





鍼本体と鞘を分離します。



鍼の軸の部分とアタマを、それぞれペンチで保持して、本体を傷めたり曲げないように
回します。ペンチと鍼の間に紙などをかますと傷がつくのも防げます。







ワッシャーをかましたら、アタマをきゅっと締めて完了。



これで使用中の「弛み」のストレスから解放され、安全に安心して連続操作が行えます。
持ち運ぶ時は、刃先が勝手にでないように、ねじ2つを刃先サイドに固定しておきましょう。


洗浄・消毒・滅菌:基本的にオートクレーブ滅菌でOKです。
           一連の手順は、マニュアルを参照されてください。

刃先:指で軽く触れて引っかかりがあるようなら、研ぎます。
    心得のある人は、4000番くらいの紙やすりで引っかかりのなくなるまで研いでみてください。
    塩野製作所さんで、研ぎも可能です:03-3910-7835







鍼灸師が正しい知識と技術をもって、安全に刺絡鍼法を行えるということは、
ハサミやナイフを使えるようになっていくことと本質的に同じことだと、常々感じています。

危ないモノだからと遠ざけていては、どれくらい便利で、どれくらい危険なのか
わかりませんし、それを人に伝えることもできません。いつまでも紙一枚切れません。


これほどシンプルな道具とやり方で、患者さんに負担をかけずに優れた治療効果を
あげられる方法は比類ないですね。
4000年以上前から残してくれた古人の智慧を、正しく次の世代にバトンタッチしていける
ように、参加者のみなさん頑張りましょう!


ちなみに、今月の26,27日は大阪で日本刺絡学会第19回学術大会です。

at 15:39, くさのね, 鍼とお灸のソフトとハード

comments(4), -, - -

comment
くさのね, 2015/09/14 10:26 PM

まめだぬき さま

ご質問ありがとうございます。

刺絡を治療で多用する場合は、1日の最大治療人数分以上の
スプリング式三稜鍼を用意しておいた方がベターかと思います。

知っている先生方はみなさんそのようにされているようです。

>数本纏めて分解・・

おっしゃるようにまとめて分解すると部品が入れ替わることもありうると思います。私の場合はそのようなリスクがないように混ざらないよう少数ずつ分けて取り扱っています。

ですので、お答えにならず申し訳ないのですが、入れ替わった場合の不具合を経験したことがありません。

ディスポが主流の昨今、分解滅菌等の必要なスプリング式三稜鍼は、どうしても取扱に手間はかかってしまいますが、慣れるとそれほど面倒でもありませんよ。

初期投資やらメンテナンスの手間はかかりますが、刺絡の治療上の効果、メリットはそれを軽く上回ると感じております。



まめだぬき, 2015/09/14 10:05 PM

スプリング式三稜鍼って分解して消毒して滅菌してって、処置が面倒ですよね。たとえば1日10人に刺絡するとすれば、スプリング式三稜鍼も10本用意しておくのですか?

数本纏めて分解して滅菌したりすると、部品が入れ替わることもあると思いますが、同規格でも不具合などは出てこないのでしょうか。

くさのね, 2010/06/14 8:44 PM

おいら先生
昨日はお疲れさまでした。
そこにきちゃいましたかぁ、まったくの想定外でした(笑)

あの熱気はやはり、「はちきれんばかり」ですよ〜。

おいら, 2010/06/14 8:06 PM

昨日もおつかびれ様でした

「はちきれんばかりの熱気」という言の葉にグッときてしまいましたっす

なぜそこにグッときたのだろうかおいらってば

で、「はちきれんばかり」でググってみたら、何となくわかった気がしたと同時に自分にむなしくなってきましたっす、、、(トホホホホ)