<< GWと5月の臨時休診 | main | パラパラマンガ 「振り子」 >>

『ビジュアルでわかる九鍼実技解説』が届きました!

研究会総力で4年あまりの作業を経て完成した『ビジュアルでわかる九鍼実技解説』が昨日事務局より届きました! 



amazonや書店に並ぶのは5月中旬くらいとのことです。
緑書房WEBではすでに注文ができるようですね。





  


事務局長あとがきより

引用開始:
よくある質問として、なぜ九鍼が必要なのかという疑問に対しては、塩沢幸吉の『挫刺針法』から次の一文を紹介したい。「針灸は効くと言うが、実際は、臨床にあたるとなかなか難しい。簡単に処理できるはずの疾病でも、難治でどうにもならないときがある。このような場合のうち、上記疾患には挫刺が驚くほど、しかも劇的に奏功することが多い」。この挫刺を九鍼に置き換えると理解しやすいであろう。・・・例えば、魚を捌くのには文化包丁よりも出刃の方が調理しやすく、太い枝を掃うにはハサミよりも鉈の方が優れているが如くである。
引用終了
 

at 19:00, くさのね, 草の根文庫

comments(0), -, - -

comment